症例

脂肪注入豊胸トラブルの脂肪採取部位の修正 症例写真

施術に抵抗をお持ちの42歳の女性です。他院で太ももと下臀部の脂肪吸引に失敗してしまい、お尻に凹みが出来てしまったことがお悩みで、もう施術を受けたくない、機械マッサージで良くならないだろうかというご相談でした。 脂肪吸引の良し悪しは、医師に依存します。性能の低い旧式の機器、体の構造を無視した吸引量重視の施術も失敗の大きな要因です。 脂肪吸引の修正は、再脂肪吸引で取り残しや取りムラを整えたり、取り過ぎた部位に糸の挿入や脂肪の注入を行ったりなど、高度な技術が必要となります。一度脂肪吸引を行った部位は、線維化した組織で硬くなるので、カニューレ操作が容易ではありません。皮膚が癒着しているケースでは、従来の機器では修正不可能です。 THE CLINICは、脂肪吸引を専門としており、医師の経験と技術は十分。最新機器を用いたベイザー脂肪吸引を用いて、身体をきれいに整えていきます。 この方のお身体は、取り残しや取りムラ整えることに加え、腰部の脂肪吸引で採取した脂肪を、お尻の凹んだところに注入することで治療しました。 座ったときに骨に当たって痛かったのがなくなった、腰のラインがきれいになって嬉しいと喜んで頂けました。

PAGE TOP