コラム

従来の脂肪注入豊胸とコンデンスリッチ豊胸の差

コンデンスの工程なしに、コンデンスリッチ豊胸と偽って施術を行うクリニックが存在しているのをご存知ですか?単なる遠心分離や生理食塩水で洗い流すだけの工程では、コンデンスリッチ豊胸と言いません。

コンデンスではないコンデンス

コンデンスではないコンデンス

コンデンスリッチ豊胸は、今や脂肪注入の豊胸手術を考える方にとって一番の関心事と言っても過言ではありません。「コンデンスで脂肪注入豊胸したいんです」と患者さんから言われてあわてて対応しようとするドクターもいらっしゃいます。なかには、"コンデンス=濃縮"と解釈して、脂肪を洗浄し不純物や水分を除去するだけでコンデンスと表現しているウェブサイトも見かけます。しかしこれでは、老化細胞を壊して(オイル化して)除去するという本質を伴っていません

本物に必要な圧力の話

本物に必要な圧力の話

きちんと定着を助けるようにコンデンスするには、ウェイトフィルターという圧力をかける装置が鍵となります。この装置だけが生み出せる、若い細胞と脂肪幹細胞は残し老化細胞だけを壊す最適な圧力で、遠心分離する必要があるのです。単なる遠心分離で"コンデンス"と表現している動画を見かけたこともありますが、これでは不純物と水分を分離しただけで老化細胞は壊されておらず、効果がありません。

価格破壊による弊害

価格破壊による弊害

"コンデンス"とうたいながらなぜこのようなことが行われているかというと、コンデンスに使うウェイトフィルターの値段が高いためです。悪質なサービスの横行を防止する活動も行うCRF(コンデンスリッチファット)協会に入りながら、このような見えないプロセスを省略してコンデンスリッチ豊胸と言っているクリニックが存在するのは残念なことです。
そのため、CRF協会ではコンデンスリッチ豊胸を行う場合、きちんとウェイトフィルターを使用した場合のみ作成できる証明書の発行を義務づけています。患者さんご自身も安心材料になるので、カウンセリング時に発行されるのかを確認すると良いでしょう。

カテゴリー
フィラーとは
About filler

何かを補うための詰め物や充填剤。美容外科では注入素材を指して呼ぶことが多い。

ヒアルロニダーゼとは
About hyaluronidase

ヒアルロン酸を加水分解する酵素。