コラム

脂肪注入豊胸 定着率】の検索結果(14件が該当しました)

14件中1〜10件を表示
  1. 1
  2. 2
  1. 緊急企画 ネットで見つけたコンデンスリッチ豊胸の誤解

    緊急企画 ネットで見つけたコンデンスリッチ豊胸の誤解

    絶対に見過ごせない、コンデンスリッチ豊胸の誤情報。WELQ(ウェルク)*の一大不祥事が明らかになった今、ネット上の医療情報には、かつてない厳しい目が向けられています。情報の送り手が、責任をもって正しい...

    誤解1:コンデンスリッチ豊胸は定着率が低い。「コンデンスリッチ豊胸は定着率が低い」という誤った主張の根拠は、脂肪を加工する際の遠心分離で生じる重力が、健全な脂肪細胞の生存能(バイアビリティ)まで低下さ...

  2. 脂肪注入豊胸の成功のカギは“2.4mm”!? 定着の新見解とは?

    脂肪注入豊胸の成功のカギは“2.4mm”!? 定着の新見解とは?

    注入した脂肪そのものではバストアップしない!?。豊胸手術ではもはや常識になりつつある脂肪注入ですが、ボリュームとなっているのが注入した脂肪だと思っている人も多いのではないでしょうか。事実、10年ほど前...

    脂肪注入豊胸の考え方は“生着”から“定着”へ。その事実を明らかにしたのが、今から7年程前に発表された、東京大学医学部(当時/現自治医科大学)吉村浩太郎先生の研究論文でした。世界でも有名な脂肪研究の権威...

    [
    ]
  3. 痩せ型の方のコンデンスリッチ豊胸を助けるBRAVA効果って?

    痩せ型の方のコンデンスリッチ豊胸を助けるBRAVA効果って?

    アメリカ発のバストアップツールが再ブレイク!。BRAVAというバストアップツールをご存知ですか? 一定期間バストに装着して陰圧による刺激を与えるツールで、アメリカで誕生後、10年程前に日本でも一時的...

    胸を育てるスゴイ効果。脂肪注入豊胸で一番難しいのが、注入スペースの確保です。極端に痩せ型で皮膚の余剰がない場合、無理やりたくさんの脂肪を注入すると圧迫された細胞が呼吸できず、脂肪壊死を引き起こします。...

  4. ピュアグラフト豊胸&コンデンスリッチ豊胸 プロセスとメカニズムの違い

    ピュアグラフト豊胸&コンデンスリッチ豊胸 プロセスとメカニズムの違い

    脂肪豊胸分野の主力はピュアグラフトとコンデンスリッチ豊胸。脂肪注入、ヒアルロン酸、シリコンバッグ…など、現在には様々な豊胸法があり、なかでも脂肪豊胸は人気が高い方法です。人工物ではなく自己脂肪を注入す...

    ピュアグラフトとコンデンスリッチ豊胸は注入量に対する、脂肪濃度と含有物が異なる。さて、下記の表をご覧いただくと分かりますが、脂肪の採取後、ピュアグラフトとCRF、どちらも麻酔液などの不純物と分離します...

  5. トレンド豊胸法・マシュマロバストのつくり方

    トレンド豊胸法・マシュマロバストのつくり方

    さわりたくなる肌感が美の新基準。先月のコラム『狙うは真性マシュマロバスト』で触れましたが、バストの美しさの基準は時代によって異なるもの。トレンドの流れを辿ると、昨今の主流は適度な大きさのふっくらバスト...

    脂肪はデコルテにも注入、250ccまでが鉄則!。まず、注入箇所で言えば、極端な巨乳にしなくても美しい谷間をつくれるように乳房だけでなくデコルテにも脂肪注入することがポイント。初めて豊胸される方、バッグ...

  6. 脂肪注入した豊胸後のダイエットの影響

    脂肪注入した豊胸後のダイエットの影響

    一度ついた細胞の数は減らないので大丈夫。自分の太ももなどから脂肪を採取し、胸に注入するのが脂肪豊胸です。つまり従来のシリコンバッグや、時間とともに元に戻ってしまうヒアルロン酸などの人工物とは違い、10...

    術後3ヶ月まではエネルギーが必要。ただし、脂肪豊胸の術後約3ヶ月頃までは脂肪幹細胞が脂肪細胞になる大事な時期なので、エネルギーを十分に送り込んであげる必要があります。不十分な場合、脳や心臓などの生命に...

  7. 失敗? 成功? 脂肪注入後のバストの変化

    失敗? 成功? 脂肪注入後のバストの変化

    脂肪注入豊胸の術後のサイズの変遷。脂肪注入での豊胸手術を受けた方から「思ったより小さくなってしまった」「元のサイズに戻ってしまった」とのご相談がしばしば寄せられます。確かに、注入した分すべてが定着する...

    脂肪注入豊胸で注入し過ぎは絶対にNG!。そうは言っても、安易に注入量を増やすのは非常に危険です。たとえ100%以上を注入したとしても、すし詰め状態ではバストの高い内圧によって脂肪は大量に壊死してしまい...

  8. 脂肪定着メカニズムの新見解とは?

    脂肪定着メカニズムの新見解とは?

    脂肪注入の定着に関わる幹細胞の働き。「ダメージが加わらないよう採取し、不純物を優しく除去して注入した脂肪細胞は、より多く生着する。」 豊胸手術や顔の若返り施術の脂肪注入において、この考えは一見正しい...

    脂肪が「しこりになる、ならない」の境界線。では、定着しなかった脂肪細胞はどこにいくのでしょうか?実は、貪食細胞と呼ばれるリンパ球の一種(マクロファージ)によって吸収されてなくなります。ただし、脂肪を同...

  9. 豊胸注入脂肪「しこりを予防する脂肪の作り方」

    豊胸注入脂肪「しこりを予防する脂肪の作り方」

    巷に広がる脂肪注入豊胸に関する噂。豊胸手術の中でも脂肪注入豊胸についてウェブサイトを見ていると、よく脂肪細胞を壊さないように吸引とか、遠心分離すると脂肪にダメージが加わり良くないといった表現を見かける...

    老けた脂肪と若い脂肪で変わる結果。脂肪細胞には、40ミクロンから120ミクロンといった様々なサイズのものが存在します。一般にサイズが大きなものほど老化している細胞と言えます。つまり注入しても定着しない...

  10. コンデンスリッチ豊胸が普及した理由

    コンデンスリッチ豊胸が普及した理由

    注目を集める脂肪注入法の背景。豊胸手術として、近年ではシリコンバッグに替わり、自分自身の脂肪を活用する脂肪注入豊胸に再び注目が集まっています。それは、コンデンスリッチ豊胸など、注入に最適な素材となるよ...

    コンデンスリッチ豊胸のメリット。コンデンス技術とは、簡単に言うと採取した脂肪からしこりの原因になる老化細胞を破壊、オイルにしてから取り除く技術で、吸引した脂肪を濃縮(コンデンス)するため、結果的に脂肪...

14件中1〜10件を表示
  1. 1
  2. 2

PAGE TOP