コラム

脂肪注入】の検索結果(77件が該当しました)

77件中1〜10件を表示
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 次ページ次ページ
  1. 脂肪注入豊胸の成功のカギは“2.4mm”!? 定着の新見解とは?

    脂肪注入豊胸の成功のカギは“2.4mm”!? 定着の新見解とは?

    注入した脂肪そのものではバストアップしない!?。豊胸手術ではもはや常識になりつつある脂肪注入ですが、ボリュームとなっているのが注入した脂肪だと思っている人も多いのではないでしょうか。事実、10年ほど前...

    脂肪注入豊胸の考え方は“生着”から“定着”へ。その事実を明らかにしたのが、今から7年程前に発表された、東京大学医学部(当時/現自治医科大学)吉村浩太郎先生の研究論文でした。世界でも有名な脂肪研究の権威...

    [
    ]
  2. 脂質・注入法・術後の過ごし方“脂肪注入の知識まとめ”

    脂質・注入法・術後の過ごし方“脂肪注入の知識まとめ”

    脂肪にはブラックな脂肪とホワイトな脂肪がある。ブラックな脂肪とは…(※老化細胞や死活細胞を除去していない、不純物が混じった脂肪のこと。注入後、しこりなどのトラブルに見舞われる確率が高くなります)“採取...

    しこりになる注入法と、なりにくい注入法がある。“脂肪注入でもっとも危惧されるリスク、それが「しこり」です。”▶脂肪注入のしこりの実態に迫る!“脂肪はどんなに細かく注入しても直径1mm程度にはなるので、...

  3. 失敗? 成功? 脂肪注入後のバストの変化

    失敗? 成功? 脂肪注入後のバストの変化

    脂肪注入豊胸の術後のサイズの変遷。脂肪注入での豊胸手術を受けた方から「思ったより小さくなってしまった」「元のサイズに戻ってしまった」とのご相談がしばしば寄せられます。確かに、注入した分すべてが定着する...

    脂肪注入豊胸で注入し過ぎは絶対にNG!。そうは言っても、安易に注入量を増やすのは非常に危険です。たとえ100%以上を注入したとしても、すし詰め状態ではバストの高い内圧によって脂肪は大量に壊死してしまい...

  4. 豊胸脂肪注入20年の動向とその問題点

    豊胸脂肪注入20年の動向とその問題点

    効果よりリスクが高かった初期の脂肪注入豊胸。脂肪注入豊胸の歴史は意外と古く、山川統括指導医が美容外科医になった1990年代には一般的な豊胸手術だったと言います。採取した脂肪を茶こしに入れ、生理食塩水で...

    幹細胞注入からコンデンスの時代へ。時代は進み2006年頃、採取した脂肪の一部を酵素処理して幹細胞を取り出し、残りの脂肪と混ぜて注入するセリューション(脂肪幹細胞注入)という方法が登場しました。脂肪注入...

  5. ヒアルロン酸注入で豊胸した人への脂肪注入ガイド

    ヒアルロン酸注入で豊胸した人への脂肪注入ガイド

    ヒアルロン酸豊胸後に脂肪注入を選択する理由。ヒアルロン酸豊胸を経験後、脂肪注入で豊胸手術される方がたくさんいらっしゃいます。当院へその相談に来られる方の主な理由としては、次の3つがあげられます。 ま...

    安全に脂肪注入豊胸のために必要なヒアルロン酸除去。このように、ヒアルロン酸注入の豊胸施術を受けている方に脂肪注入を行う場合、気をつけなければならないことがあります。それは、乳房内に残っているヒアルロン...

  6. バッグ抜去→脂肪注入する時の理想的な手順

    バッグ抜去→脂肪注入する時の理想的な手順

    正しい豊胸バッグ除去の仕方。異物から体を守る正常な反応として、シリコンバッグによる豊胸手術後は体内のコラーゲンが組織化し、バッグの周囲にカプセル皮膜が形成されます。シリコンバッグを除去(抜去)するとこ...

    豊胸バッグ除去後の脂肪注入における最良の選択。残した被膜を確認しながら脂肪注入を行うことで前述のようなリスクを抑えることが可能ですが、被膜を残しつつ抜去するには高い技術が必要です。さらに、これには脂肪...

  7. 脂肪注入豊胸でマルチプルインジェクションが大切な理由

    脂肪注入豊胸でマルチプルインジェクションが大切な理由

    バストに注入された脂肪のその後。現段階の研究結果では、豊胸手術でバストに注入した脂肪がそのまま定着するのは、直径0.6mmまでと言われています。ただ、注入脂肪はどんなに細かく注入しても直径1mm程度に...

    大量注入で大きくなっても実は......。しかし、いくらこの技術を駆使して脂肪幹細胞や脂肪細胞を注入しても乳房内の一定限度(個人差があります)を超えると、注入組織全体が酸欠状態を引き起こし、いっせいに...

  8. 脂肪定着メカニズムの新見解とは?

    脂肪定着メカニズムの新見解とは?

    脂肪注入の定着に関わる幹細胞の働き。「ダメージが加わらないよう採取し、不純物を優しく除去して注入した脂肪細胞は、より多く生着する。」 豊胸手術や顔の若返り施術の脂肪注入において、この考えは一見正しい...

    脂肪が「しこりになる、ならない」の境界線。では、定着しなかった脂肪細胞はどこにいくのでしょうか?実は、貪食細胞と呼ばれるリンパ球の一種(マクロファージ)によって吸収されてなくなります。ただし、脂肪を同...

  9. 脂肪幹細胞注入(セリューション豊胸)はバストに安全なのか

    脂肪幹細胞注入(セリューション豊胸)はバストに安全なのか

    脂肪幹細胞の密度を高める3つの方法とFDA規制。脂肪幹細胞は脂肪に元々含まれている細胞ですが、その絶対数はそれほど多くはありません。そのため、バストなどに脂肪細胞とともに注入する際には、脂肪幹細胞の密...

    脂肪幹細胞は脂肪細胞の周りにあるコラーゲンなどの組織中に存在するので、「1」の脂肪幹細胞注入法(セリューション豊胸)や「2」の脂肪幹細胞培養法などでは、それを溶かすために「コラゲネーゼ」という酵素を用...

    [
    ]
  10. コンデンスリッチ豊胸が普及した理由

    コンデンスリッチ豊胸が普及した理由

    注目を集める脂肪注入法の背景。豊胸手術として、近年ではシリコンバッグに替わり、自分自身の脂肪を活用する脂肪注入豊胸に再び注目が集まっています。それは、コンデンスリッチ豊胸など、注入に最適な素材となるよ...

    コンデンスリッチ豊胸のメリット。コンデンス技術とは、簡単に言うと採取した脂肪からしこりの原因になる老化細胞を破壊、オイルにしてから取り除く技術で、吸引した脂肪を濃縮(コンデンス)するため、結果的に脂肪...

77件中1〜10件を表示
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 次ページ次ページ

PAGE TOP