副乳除去

副乳除去とは

本来のバスト以外にできた乳頭(乳首)や、乳房のような膨らみを「副乳」と言います。乳頭(乳首)だけの場合や乳腺が存在する場合があり、脂肪による脇肉を副乳と呼ぶこともあります。
副乳は胎児期に退化するはずの乳房が残って発育したもので、脇の下〜乳房〜足の付け根までのライン上にあります。脇にあることが多いため、「ノースリーブが着れない」「水着になるのが恥ずかしい」といった悩みが生じることも。体に害があるもではありませんが、気になる場合は簡単な外科手術で取り除くことが可能です。

  • 複数の乳頭がある方

  • しこりのような膨らみがある方

  • 脇肉が気になる方

  • 下着や水着で隠せない副乳がある方

THE CLINIC の治療法

手術方法は副乳の大きさや状態により異なります。脂肪吸引で膨らみを取り除く場合や、乳頭(乳首)や乳腺を除去する場合、または両方を行うケースもあります。

脂肪吸引

脂肪による膨らみの場合、脂肪吸引で改善できます。
脂肪だけを遊離させて吸引するベイザー脂肪吸引で行うため、体への負担も最小限に抑えられます。

乳頭や乳腺の切除

乳頭(乳首)や乳腺を伴う場合は、それらを切除して丁寧に縫合します。また、脂肪が多い場合はベイザー脂肪吸引による脂肪除去も同時に行います。

PAGE TOP

THE CLINIC が選ばれる理由

副乳除去を行うクリニックの中で、THE CLINIC が多くの方に選ばれるのには、3つの理由があります。

カウンセリング

カウンセリングはすべてドクターが担当。お悩みや診断内容を合わせて、ベストな方法をご提案します。

徹底した麻酔管理

麻酔科専門医が在籍する当院では、安全管理を徹底。眠った状態で施術が受けられ、途中で麻酔が切れる心配もありません。

アフターケア

術後のメール相談や診察などを無料でお約束。小さな不安も全力でサポートいたします。

PAGE TOP

施術に関すること

処置時間 1時間〜
麻酔 静脈麻酔を使用します。眠った状態になるので、手術中の痛みはありません。
傷跡

【脂肪吸引】
5mm程度切開しますが、シワに沿った部分を選ぶため、ほとんど目立たなくなります。

【乳頭・乳腺切除】
乳頭の大きさによっては多少残る場合があります。

ダウンタイム

【膨らみ除去】
数日、筋肉痛程度の痛みがありますが、内服薬でコントロール可能な範囲です。

【乳腺・乳頭切除】
傷の痛みが数日ありますが、内服薬でコントロール可能な範囲です。

※症状の程度には個人差があります。

シャワー 患部を除いて翌日から可能です。
入浴 抜糸(約1週間後)の翌日から可能です。

PAGE TOP

Q&A