漏斗胸

漏斗胸とは

胸郭の変形による漏斗胸(ろうときょう)の胸の窪みは、肺機能を妨げるものから、見た目だけの問題のものまで様々。しかし、症状が軽度だからと言って、お悩みまで軽いわけではありません。「合うブラジャーがない」「異性の目が気になる」など、多くの方が深くお悩みです。
男女比3:1とも言われていますが、THE CLINIC に漏斗胸の治療を相談される方の多くは女性。胸の凹みに加え、バストサイズも改善したいという方がほとんどです。そんな方たちに、本格的な漏斗胸の手術より低負担で、自然なバストアップを実現する治療をご提供しています。

  • 軽度の漏斗胸の方

  • 左右差が生じている方

  • サイズも大きくしたい方

  • 入院しないで改善したい方

THE CLINIC の治療法

注入物で窪みを押し上げる

漏斗胸(ろうときょう)の見た目は、自由なバストデザインが可能な、ヒアルロン酸注入や脂肪注入での治療が有効です。胸部の窪みを皮下から押し上げ改善することはもちろん、漏斗胸によくあるバストの左右差やサイズアップのお悩みにも同時に対応できます。
どちらもバストを切開することはなく、目立った傷跡は残りません。

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入
メスを使わない気軽なプチ豊胸として知られるヒアルロン酸で、ボリュームを担保します。時間とともに体内に吸収されるため、お試し感覚や、一時的でも今すぐ改善したい方が多く選択されます。

脂肪注入

ピュアグラフト注入
採取した自己脂肪を生理食塩水で丁寧に洗浄し、不純物を分離・除去したクリーンな脂肪を使用します。専用のキットで洗浄するため、空気に触れることなく短時間の処理が可能です。
CRF注入
太ももなどの自己脂肪を採取・濃縮した、良質な脂肪のCRF(コンデンスリッチファット)を胸の窪みに注入します。健全な脂肪の他、定着を左右する幹細胞も豊富に含まれている点が特徴です。

PAGE TOP

THE CLINIC が選ばれる理由

漏斗胸治療を行う美容外科クリニックの中で、THE CLINIC が多くの方に選ばれるのには、3つの理由があります。

カウンセリング

カウンセリングはすべてドクターが担当。お悩みや診断内容を合わせて、ベストな方法をご提案します。

徹底した麻酔管理

麻酔科専門医が在籍する当院では、術中の麻酔管理を徹底しています。
眠った状態で施術が受けられ、途中で麻酔が切れる心配がありません。

アフターケア

術後のメール相談や診察などを無料でお約束。小さな不安も全力でサポートいたします。

PAGE TOP

施術に関すること

処置時間

【ヒアルロン酸注入】
30分〜

【脂肪注入】
2時間〜

麻酔 どの方法も静脈麻酔を使用。眠った状態になるので、手術中の痛みはありません。
傷跡

【ヒアルロン酸注入】
ほとんど残りません。

【脂肪注入】
バストに傷はほとんど残りません。脂肪の採取部位に5mm程度の小さな傷ができますが、シワや下着に隠れる部分なのでほとんど目立ちません。

ダウンタイム

【ヒアルロン酸注入】
ほとんどありません。

【脂肪注入】
バストの張り感は数日、内出血は1〜2週間で目立たなくなります。脂肪採取部位は、筋肉痛のような痛みが1週間ほど、内出血が2週間ほどで気にならなくなります。ほとんどの方が2〜3日後にお仕事を再開されています。

※症状の程度には個人差があります。

シャワー 脂肪の採取部位以外は翌日から、採取部位も3日目から可能です。
入浴 抜糸(約1週間後)の翌日から可能です。

PAGE TOP

漏斗胸の症例

Q&A