乳輪のボツボツ

乳輪のボツボツとは

乳輪にあるボツボツは、バストの美しさを損なってしまうお悩みの1つで、「大きくて目立つ」「人より数が多い気がする」と感じている方も少なくありません。
これはモントゴメリー腺が発達し過ぎることで起こる症状。モントゴメリー腺とは、乳首と乳輪を保護するための皮脂を分泌するもので、妊娠・授乳期に特に活発になります。大きなものが沢山あると見た目にも影響し、コンプレックスに繋がってしまうのです。美容外科手術ならそんなお悩みの素を簡単に解消することができます。

  • 乳輪のボツボツが人より多いと感じる方

  • 乳輪のボツボツの大きさが気になる方

  • 妊娠・出産後に目立つようになった方

  • 滑らかでキレイな乳輪になりたい方

THE CLINIC の治療法

モントゴメリー腺の除去

大きくなり過ぎたモントゴメリー腺を1つずつ切除して縫い縮めることで、滑らかな乳輪にすることができます。
ほくろやイボを取るのと同じ要領で切除し、極細の糸を使用して丁寧に縫合するため、傷跡はほとんど残りません。乳腺や乳管を傷つけることなく、今後の授乳も問題なく行うことができます。

PAGE TOP

THE CLINIC が選ばれる理由

モントゴメリー腺の除去を行うクリニックの中で、THE CLINIC が多くの方に選ばれるのには、3つの理由があります。

カウンセリング

カウンセリングはすべてドクターが担当。お悩みや診断内容を合わせて、ベストな方法をご提案します。

徹底した麻酔管理

麻酔科専門医が在籍する当院では、安全管理を徹底。眠った状態で施術が受けられ、途中で麻酔が切れる心配もありません。

アフターケア

術後のメール相談や診察などを無料でお約束。小さな不安も全力でサポートいたします。

PAGE TOP

施術に関すること

処置時間 1ヵ所10分~
麻酔 局所麻酔を使用します。
傷跡 ほとんど目立たなくなります
ダウンタイム 1週間程度の痛みと腫れがありますが、内服薬でコントロール可能な範囲です。
※症状の程度には個人差があります。
シャワー 施術部位を除いて当日から可能です。
入浴 抜糸(約1週間後)の翌日から可能です。

PAGE TOP

乳輪のボツボツの症例