アクアフィリング豊胸(アクアリフト豊胸)溶解・除去

こんな方にオススメ

  • 安全性に不安をお持ちの方
  • 硬い胸の触感が気になる方
  • 豊胸後のしこりにお悩みの方
  • 豊胸後の胸に腫れや痛みのある方
  • しこりで胸の形が崩れた

THE CLINIC のアクアフィリング(アクアリフト)豊胸 除去とは?

「生理食塩水で簡単に溶解できるので安心」。アクアフィリング豊胸やアクアリフト豊胸のウリですが、実際の診療で “簡単”ではないことが分かりました。このような想定外のケースも含め、急増している他院のアクアフィリング豊胸やアクアリフト豊胸のトラブル対応を数多く経験するTHE CLINIC には、適切な溶解・除去を可能とする環境とノウハウの蓄積があります。
アクアフィリング豊胸やアクアリフト豊胸のしこり除去の他、安全性への不安から来院されるゲストは多く、そういったニーズにもお応えしています。

3 つのポイント

乳腺用エコーでしこりを診断

アクアフィリング豊胸やアクアリフト豊胸後の乳房内の状態を、触診だけで正確に把握することは困難です。アクアフィリング豊胸後にしこり化している場合は、位置や数、状態などを調べる必要がありますが、しこりの自覚がない方からのご相談も少なくありません。
その点、THE CLINIC では全院にデジタル乳腺用エコー「エラストグラフィ」を導入。施術前に必ずエコー検査を行い、細かい情報を把握した後、適切な治療方針を決定します。

チェック項目

しこりの位置

アクアフィリング豊胸やアクアリフト豊胸は、通常なら乳腺下に注入されるはず。しかし、皮下や大胸筋内にしこりができている症例も存在します。まず位置の特定が必要です。

アクアフィリングが大胸筋内に広がっていたケース
しこりの数

注入方法なのか、アクアフィリング豊胸やアクアリフト豊胸が組織になじみやすいからかは不明ですが、複数のしこりが散見されるケースも。しこりの数は施術プランにも影響します。

アクアフィリング豊胸のしこりが広範囲に生じていたケース
しこりの状態

アクアフィリング豊胸やアクアリフト豊胸では被膜が形成されにくいはずですが、そうでない症例も見られます。反対に、しこり化していないケースでは組織と注入成分を見分けます。

アクアフィリング豊胸のしこりに厚い被膜が確認されたケース

しこりを目視しながら確実に除去

アクアフィリング豊胸やアクアリフト豊胸のしこり除去は、基本的に注射器で行います。ただし、触診だけの曖昧な見当で取り除けるものではありません。アクアフィリング豊胸後にしこり化していないケースでの溶解・除去となると、ほぼ不可能。それ以前に、海外では「暗闇での手術」と危険視される行為です。
THE CLINIC ではアクアフィリング豊胸やアクアリフト豊胸後のしこりを確実に溶解・除去するため、必ず乳腺用エコーを使用。最短ルートでしこりを取り除けるので、体への負担を最小限に抑えます。

実際のエコー画像

  1. 治療前
    アクアフィリング豊胸のしこりが散在し、一部は塊に
  2. 吸引中
    エコー下でしこりにアプローチし、確実に生理食塩水を注入
  3. 治療後
    完全に溶解しないケースでも、エコー下できれいに吸引除去

しこり化していなくても除去

しこりがなくても溶解・除去を希望される方は、ヒアルロン酸豊胸でも多少いらっしゃいます。しかし、アクアフィリング豊胸やアクアリフト豊胸の場合、このニーズが非常に高いのです。理由は、安全性への不安。2016年には、世界的な専門誌にも問題提起する医療論文が掲載されました。
そんなしこり化していない状態での溶解・除去も、THE CLINIC では多数手掛けています。

出典:『Archives of Aesthetic Plastic Surgery』(vol.22 No.1,Feb. 2016)

PAGE TOP

THE CLINIC が選ばれる理由

数多くのクリニックの中で、多くの方がTHE CLINIC を選ばれるには、5つの理由があります。

豊富な症例実績

他院のアクアフィリング豊胸やアクアリフト豊胸後の問題に専門外来を設置。様々な症例を経験しており、臨機応変な対応が可能です。

カウンセリング

カウンセリングはすべてドクターが担当。お悩みや診療内容を踏まえつつ、効果的かつダメージが最小限の除去方法をご提案します。

豊胸トラブルの専門性

アクアフィリング豊胸やアクアリフト豊胸に限らず、様々な豊胸トラブル治療を手掛けており、その知識や技術は学会や論文でも発表しています。

徹底した麻酔管理

麻酔科専門医が在籍する当院では、術中の麻酔管理を徹底しています。眠った状態で施術が受けられ、途中で麻酔が切れる心配はありません。

アフターケア

アクアフィリング豊胸やアクアリフト豊胸の除去に大きなダウンタイムはありませんが、再診やメール相談など術後の不安には無料でお応えします。

THE CLINIC がこだわる溶解・除去のポイント

徹底した安全管理下のリラックス麻酔

アクアフィリング豊胸やアクアリフト豊胸の溶解・除去は局所麻酔でも可能ですが、しこりが複数できている、広範囲に広がっている、生理食塩水での溶解に時間がかかるなどの理由から、THE CLINIC では静脈麻酔もご提案。自発呼吸が可能な眠った状態は恐怖や不安を感じないため、多くの方が選択されています。
麻酔の扱いを始めとする安全管理では、在籍する麻酔科専門医が全院のスタッフに情報共有しています。

術後のエコー確認で安心を提供

バスト内は目に見えないため、本当にアクアフィリングやアクアリフトが溶解・除去されたのか、不安な面はあるかと思います。そんな方には麻酔から目が覚めた後、乳腺用エコーでしこり等が完全に除去されていることをご確認いただくことも可能です。

PAGE TOP

施術に関すること

処置時間 しこりの数や大きさ、処置によって異なります。
麻酔 意識を保ったままの低負担な局所麻酔と、眠った状態でリラックスしてできる静脈麻酔をご用意。
処置にもよるので、その方に最適な方法をご提案します。
傷跡 針孔(針の刺し傷)がつきますが、1ヵ月ほどで消えてなくなります。
ダウンタイム ほぼありませんが、時に内出血が出ることがあります。
シャワー 当日から可能です。
入浴 翌日から可能です。

PAGE TOP

アクアフィリング豊胸(アクアリフト豊胸)溶解・除去の症例

Q&A