アクアフィリング豊胸(アクアリフト豊胸)後のエコー診断

こんな方にオススメ

  • プチ豊胸後にしこりができた
  • プチ豊胸後に腫れや痛みがある方
  • 見た目や硬い胸が気になる方
  • バストの状態がただただ不安な方
  • プチ豊胸後に脂肪注入を受ける方

THE CLINIC のエコー診断

THE CLINIC では、全院にデジタル乳腺用エコー「エラストグラフィ」を導入しています。組織の硬さを色で判別できる高性能なエコーで、大学病院の乳腺科でも採用されているものです。
触診では分からない乳房内の詳細をビジュアル化。しこりがなくても除去ニーズの高いアクアフィリング豊胸やアクアリフト豊胸後の検査にも適しています。これに経験を踏まえ、溶解・除去のベストなアプローチ方法をご提案します。

3 つのチェック項目

アクアフィリング豊胸後の状態

アクアフィリング豊胸やアクアリフト豊胸の場合、安全性への不安もあるため、必ず注入物やバストの状態を確認します。具体的には、注入範囲や、吸収されていないアクアフィリング(アクアリフト)の残量などです。
さらに、乳房内に出血や炎症といった異常やトラブルがないかも、しっかりと見極めます。

アクアフィリングが組織に入り込むように分布するケース
出血の影響か、注入したアクアフィリングが白く濁ったケース

しこりの状態

アクアフィリング豊胸やアクアリフト豊胸のしこりが生じた場合、まずはしこりの詳細を把握することが重要です。しこりの大きさや数被膜の厚さなどはもちろん、しこりの位置もチェック。アクアフィリング豊胸やアクアリフト豊胸では乳腺下に注入されるはずですが、実際には大胸筋内などにも広がっているケースも確認されています。

しこりのサイズ
アクアフィリングの一部が塊でしこりになっていたケース
しこりの数
アクアフィリングのしこりが複数確認されたケース
被膜の厚さ
アクアフィリングのしこりに厚い被膜が確認されたケース
しこりの位置
アクアフィリングが大胸筋内にも広がっていたケース

溶解・除去のアプローチ法

エコー診断は、アクアフィリング豊胸やアクアリフト豊胸の溶解・除去をいかに確実に少ない負担で行うか、その方法を探る意味でも有効です。行うべき治療は何か、最短ルートでのアプローチにはどうすれば良いかなど、施術方針を見極めご提案します。

PAGE TOP

THE CLINIC が選ばれる理由

豊富な症例実績

他院のアクアフィリング豊胸やアクアリフト豊胸後のトラブル相談において様々な症例を経験しており、臨機応変な対応が可能です。

カウンセリング

カウンセリングはすべてドクターが担当。お悩みや診療内容を踏まえつつ、効果的かつダメージが最小限の除去方法をご提案します。

豊胸トラブルの専門性

アクアフィリング豊胸やアクアリフト豊胸に限らず、様々な豊胸トラブル治療を経験。その知識や技術は学会や論文でも発表しています。

豊胸のトレーニング機関

THE CLINIC は、200名以上の医療関係者に技術指導してきた豊胸手術のトレーニング機関です。その知識と経験も診療に活かしています。

アフターケア

アクアフィリング豊胸やアクアリフト豊胸の除去を行った場合、術後メール相談や再診は無料でお約束。小さな不安にも、全力でサポートします。

THE CLINIC がこだわる豊胸トラブル治療

不安要素を確実に安全に除去します

アクアフィリング豊胸やアクアリフト豊胸のトラブルがヒアルロン酸豊胸と異なる点は、安全性への不安からしこりがなくても溶解・除去を希望される方が多い点です。そんなケースでも確実に不安要素であるアクアフィリングやアクアリフトを除去できるよう、必ず乳腺用エコー下で施術にあたります。
アクアフィリング豊胸やアクアリフト豊胸のしこりにお悩みの方はもちろん、溶解・除去だけの方もお気軽にご相談ください。

PAGE TOP

Q&A