ヒアルロン酸豊胸後のエコー診断

こんな方にオススメ

  • 豊胸後にしこりができた方
  • 腫れや痛みがある方
  • 見た目や触感に違和感がある方
  • 治療したのにしこりが残っている
  • プチ豊胸後に脂肪注入豊胸したい方

THE CLINIC のエコー診断

THE CLINIC が全院に導入しているのが、乳腺用エコー「エラストグラフィ」です。エラストグラフィとは超音波検査で組織の硬さをビジュアル化できる高性能エコー。大学病院でも採用されています。検査方法は超音波プローブをバストにあて軽く上下させるだけ。触診では分からない症状や状態を知ることができます。そういった詳しい情報を基に、治療の必要があるトラブルかも含めて、ベストな方法をご提案しています。

3 つのチェック項目

ヒアルロン酸の状態

ヒアルロン酸豊胸やアクアフィリング豊胸では、残っている注入物がそのまま吸収されることもあるため、まず、残量や被膜が形成されているかどうかを把握します。
また、プチ豊胸では通常乳腺下に注入しますが、他院施術の治療を行っていると、皮下や乳腺下以外の層に注入しているケースも実際にあるため、注入物の正確な位置を確認します。

ヒアルロン酸の位置

乳腺組織内に注入されたヒアルロン酸がしこりになったケース
大胸筋内に注入されたヒアルロン酸がしこりになったケース

皮膚 / 脂肪層 / 乳腺 / 大胸筋 / しこり

しこりの状態

ヒアルロン酸豊胸やアクアフィリング豊胸が原因でしこりができていた場合は、その状態によって今後、どのように対応するべきかが変わってきます。しこりの大きさ、位置、数などを正確に把握し、被膜の厚さやしこり自体の状態も念入りに確認します。中には強い炎症によって瘢痕化しているケースも見受けられます。

しこりのサイズ
大きな塊として残ってしまったしこりを確認
しこりの数
様々な大きさのしこりを多数確認
瘢痕化したしこり
完全に瘢痕化したしこりを確認
内腔しこり
内腔があるしこりを確認

皮膚 / 脂肪層 / 乳腺 / 大胸筋 / しこり

治療法の提案

しこりの状態によっては、自然に分解・吸収できると診断するケースから、切開して取り除かなければならないケースまであります。
トラブルが判明した場合、治療を受けるかどうかのご意向も踏まえたうえで、ベストな治療法をご提案しています。

PAGE TOP

THE CLINIC が選ばれる理由

トラブル治療の実績

しこりの多発や瘢痕化など、難易度の高い治療も多数行っています。そういった治療経験を踏まえたアドバイスが可能です。

カウンセリング

カウンセリングはすべてドクターが担当。入念なお悩みのヒアリングやエコー診断の結果などを踏まえて、ベストな方法をご提案します。

傷跡への配慮

THE CLINIC では可能な限りバストにメスを入れない方法を選択。傷跡の位置にもこだわっています。

豊胸のトレーニング機関

THE CLINIC は、200名以上の医療関係者を指導してきた豊胸手術のトレーニング機関です。その知識と経験を診療にも活かしています。

アフターケア

術後のメール相談や診察などを無料でお約束します。小さな不安も全力でサポートいたします。

THE CLINIC がこだわるトラブル治療

しこりを確実かつ安全に除去します

通常、プチ豊胸でできたしこりは、ヒアルロニダーゼという溶解液や生理食塩水の注射でなくすことが可能です。その際は、必ずエコー下で目視しながら行うため、しこりを取り残してしまうといった心配がありません。
万が一、しこりが重症化しているケースでも安全に治療を受けていただける設備や環境を整えています。治療をご希望の方は、お気軽にご相談下さい。

PAGE TOP

Q&A