シリコンバッグ豊胸後のエコー診断

こんな方にオススメ

  • バストが変形してきた方
  • 痛みや違和感がある方
  • バッグが今どうなっているか不安な方
  • 左右差が気になる方
  • バストが硬いと感じる方

THE CLINIC のエコー診断

THE CLINIC が全院に導入しているのが、乳腺用エコー「エラストグラフィ」です。エラストグラフィとは超音波検査で組織の硬さをビジュアル化する高性能エコー。大学病院でも採用されています。検査方法は超音波プローブをバストにあて軽く上下させるだけ。触診では分からない症状や状態を知ることができます。そういった詳しい情報を基に、治療の必要があるトラブルかも含めて、ベストな方法をご提案しています。

3 つのチェック項目

シリコンバッグの状態

挿入された豊胸シリコンバッグの正確な位置や状態をチェックします。実際、エコー検査では手術したクリニックで説明された挿入位置と違っているケースも見受けられます。また、見た目では分からないバッグの破損やシリコンの漏出、炎症などを発見することも少なくありません。

しこりのサイズ
正しい位置に正常なシリコンバッグが位置している状態
しこりの数
破損により内容物が被膜内に漏れていることが分かる

皮膚 / 脂肪層 / 乳腺 / 大胸筋 / バッグの内容物 / シリコンバッグ

被膜・石灰化の状態

エコーでは厚くなった被膜で豊胸シリコンバッグが変形するカプセル拘縮や、カルシウムの沈着で石のように硬くなる石灰化の詳しい情報も得ることができます。被膜や石灰化の厚さから、豊胸シリコンバッグがどのように変形しているかまでを細かく確認します。

実際にあった しこり除去の症例

カプセル拘縮やシリコンバッグ変形の様子は見た目では不明
硬くなった被膜によりカプセル拘縮を起こし、シリコンバッグが歪んだ状態を確認

実際にあった しこり除去の症例

バストに硬さと変形が確認できたが、石灰化の状態は不明
シリコンバッグの周りに沈着した石灰化を確認
皮膚 / 脂肪層 / 乳腺 / 大胸筋 / バッグの内容物 / シリコンバッグ

乳腺の状態

豊胸シリコンバッグを挿入すると、乳腺が圧迫されて上に押し上げられることが多くあります。そのため、乳腺がどのような状態になっているかを乳腺用エコーで確認することが必要です。
万が一、診療中にしこりやのう胞を発見した場合、THE CLINICに在席する乳腺専門医に必ず確認し、判断を仰ぐ流れで行います。

乳腺組織内にのう胞(良性)を発見

PAGE TOP

THE CLINIC が選ばれる理由

トラブル治療の実績

高度カプセル拘縮や石灰化など、難易度の高い治療も多数行っています。そういった治療経験を踏まえたアドバイスが可能です。

カウンセリング

カウンセリングはすべてドクターが担当。入念なお悩みのヒアリングや診断結果などを踏まえて、ベストな方法をご提案します。

傷跡への配慮

THE CLINIC では可能な限りバストにメスを入れない方法を選択。傷跡の位置にもこだわっています。

豊胸のトレーニング機関

THE CLINIC は、200名以上の医療関係者を指導してきた豊胸手術のトレーニング機関です。その知識と経験を診療にも活かしています。

アフターケア

術後のメール相談や診察などを無料でお約束します。小さな不安も全力でサポートいたします。

THE CLINIC がこだわるトラブル治療

2つの解決法があります

シリコンバッグ豊胸のトラブルは、すぐに治療の必要がない場合であっても自然に改善することはなく、いつかは何らかの方法で対処する必要があります。
THE CLINIC では、豊胸シリコンバッグのトラブルが判明した場合、エコー診断による現状の説明に加え、症状に合わせたベストな治療法をご提案しています。
シリコンバッグ豊胸の治療法は大きく分けて2つ。豊胸シリコンバッグを抜去(除去)する方法か、抜去(除去)後に脂肪注入豊胸を行う方法があります。どちらも少ないダメージで、可能な限りバストの見た目を損なわない工夫をしています。

PAGE TOP

Q&A