脂肪採取部位の失敗修正

こんな方にオススメ

  • ボディラインが不自然になった方
  • でこぼこになった方
  • お尻が垂れてしまった方
  • 皮膚の引きつれを起こした方
  • 他院で修正を断られた

THE CLINIC の失敗修正とは?

脂肪採取、つまり脂肪吸引の失敗修正は、最初の脂肪吸引よりも遥かに難易度があがります。そのためか「脂肪注入豊胸を受けたクリニックでは対応してもらえなかった」という方も……。
これまで、そんなゲストからのご相談に応えてきたTHE CLINIC。あらゆる症状に対応可能な設備と豊富な症例経験をもって、治療にあたります。

3 つのポイント

カウンセリングでイメージを共有

当然ですが、原因が分からないと治療法を提案することはできません。そこで、取り過ぎや取り残しといったことはもちろん、脂肪吸引の機器が古いことや手術方法の問題点など、お話や症状から失敗の背景までを分析。その内容からベストな治療法を導き出します。

失敗の背景

  • 取り過ぎ脂肪吸引
  • デザイン不足
  • 技術力が低い
  • 術後ケアの怠慢
  • 雑な
    カウンセリング
  • 施術機器が古い

あらゆる失敗に対応できる設備

脂肪注入豊胸の脂肪採取(脂肪吸引)失敗の修正方法は、症状や原因によって異なります。THE CLINIC ではこれまでの失敗修正の経験から、3種類の機器を採用。それが、ベイザーリポ(ベイザー脂肪吸引)とコンデンスリッチファット療法(CRF療法)とサーミタイトです。取り過ぎから取り残し、皮膚のたるみや下垂まで、様々な失敗の症状を修正することができます。

ベイザーリポ

取りムラや取り残しを再度吸引して修正するにしても、1度目の影響で線維化した組織ではカニューレ操作が容易ではありません。しかし、特殊な超音波で脂肪をバラバラにできるベイザーリポなら、それが可能。さらに、でこぼこや皮膚の癒着をならす際にも役立ちます。
適 応: 凸凹・癒着等 / 傷 口: 隠れる場所に4mm程 / 麻 酔: 静脈麻酔

コンデンスリッチファット療法

取り過ぎが引き起こす失敗症状を改善するのが、自己脂肪から良質な脂肪を濃縮したのがコンデンスリッチファット(CRF)です。より細かい脂肪と幹細胞が豊富に含まれるマイクロCRFには、皮膚を肥沃化する作用もあり、脂肪を採り過ぎて質感を損ねた皮膚の修復が期待できます。
適 応: 引きつれ・下垂・癒着等 / 傷 口: 脂肪採取部位に4mm程 / 麻 酔: 静脈麻酔

サーミタイト

高周波の熱エネルギーで皮膚を収縮させるサーミタイトは、皮膚のたるみに有効。お尻の下垂で生じたバナナロール(太ももの付け根部分が段になる症状)でも、高い改善効果が確認されています。また、熱の刺激で肌ではコラーゲンが生成されるため、美肌作用ももたらします。 
適 応: バナナロール・皮膚のたるみ等 / 傷 口: 2mm程で目立たない / 麻 酔: 局所麻酔か静脈麻酔

難易度の高い症例も経験

豊胸手術や脂肪吸引の技術を国内のドクターに指導しているTHE CLINIC には、他院の様々な失敗修正の相談が寄せられます。なかには複数のクリニックで断られ、わらにもすがる思いで来院されたゲストもいらっしゃいます。
そんな修正が難しい失敗症例にも真摯に対応。これまでの豊富な経験と知識を活かして、可能な限り最善の修正を行います。

実際にあった失敗症例

  • でこぼこ
  • 不自然なデザイン
  • 皮膚のたるみ
  • カニューレ痕
  • 段差
  • お尻の垂れ

PAGE TOP

THE CLINIC が考えた修正方法の裏付け

脂肪注入豊胸の脂肪採取(脂肪吸引)失敗の修正法として、ベイザーリポ(ベイザー脂肪吸引)、コンデンスリッチファット療法(CRF療法)、サーミタイトを採用するのには、高い修正効果が見込める性能や性質に理由があります。

失敗後にも適したベイザーリポ

ベイザーリポ(ベイザー脂肪吸引)は、ベイザー波という特殊な超音波で脂肪細胞を組織から遊離させることが可能です。従来の脂肪吸引では先端の鋭利なカニューレで脂肪を削り取っていましたが、ベイザーリポはバラバラになった脂肪を吸い取るだけ。そのため、一度ダメージからの修復で線維組織が太く強固になったケース、つまり脂肪吸引の失敗修正の手術に適していると言えるのです。
また、ベイザー波の特性を利用することで、従来適応しない皮下直下層の脂肪へのアプローチや、皮膚と筋肉の癒着もなだらかにならすことができます。

従来の修正の場合
線維組織が強固になっていて、カニューレの操作が非常に困難
ベイザーリポの修正の場合
遊離した脂肪を吸い取るだけなので、線維化した組織にも有効

症状に応じて使い分けできるCRF療法

取り過ぎなどの修正はボリュームアップで対応しますが、不純物や肥大化した老化細胞を含む従来の脂肪注入法では高い効果が見込めません。一方のコンデンスリッチファット(CRF)は、特許技術のウェイトフィルターを用いた加重遠心分離でそれらを徹底除去。健全な脂肪細胞と定着に関係する幹細胞を濃縮することができます。つまり、良質な細胞をより多く注入できるため、一度ダメージを負っている組織にも最適なのです。
さらに、コンデンスリッチファット(CRF)をさらに濃縮したマイクロCRFには肌質改善の作用もあるため、取り過ぎによる肌質低下の改善にも最適と言えます。

脂肪の加工法で異なる細胞密度

従来の脂肪注入豊胸
不純物や老化細胞がかさばり、単位体積あたりの細胞密度が低い
CRF
不純物等の除去で細胞密度が高まり、ボリュームアップ効果が高い
マイクロCRF
微細な脂肪と幹細胞を極限まで濃縮するため、肌質向上に最適

効果と安全性を両立したサーミタイト

これまでは皮膚のたるみやお尻の下垂が出てしまった場合、切開して整える大がかりな手術しか方法がありませんでした。しかし、サーミタイトによって切る・切らないといった二択ではなく、メスを使わない選択も可能になりました。さらに、サーミタイトは特殊な温度センサー技術と温度を可視化するサーモグラフィを搭載し、これまでの高周波治療の懸念点だった効果と安全性の両立を実現。熱の刺激からコラーゲンが生成され、肌にハリも生まれます。
THE CLINIC はこの施術を日本でいち早く導入。すでに豊富な症例経験を積んでおり、高い効果も確認済です。

PAGE TOP

THE CLINIC が選ばれる理由

数多くのクリニックの中で、多くの方がTHE CLINIC を選ばれるには、5つの理由があります。

失敗修正の豊富な実績

脂肪注入豊胸の採取(脂肪吸引)の失敗に対する専門外来を設け、多数の修正施術を経験。難易度の高い症例にも対応することができます。

カウンセリング

カウンセリングはすべてドクターが担当。お悩みや診療内容を合わせて、傷口やダメージを最小限に抑えたベストな方法をご提案します。

徹底した麻酔管理

麻酔科専門医が在籍する当院では、術中の麻酔管理を徹底しています。眠った状態で施術が受けられ、途中で麻酔が切れる心配はありません。

傷跡への配慮

THE CLINIC では基本的にバストにメスを入れることは無く、目立たないような位置や治療方法にこだわっています。

アフターケア

一度失敗されている場合、手術後の不安は大きいはず。再診やメール相談、お薬の追加処方を無料で承るなど、全力でサポートします。

THE CLINIC がこだわる脂肪採取の失敗修正

ボディデザインカウンセリングが可能

脂肪採取(脂肪吸引)の失敗の原因のひとつには、術前のデザインを怠ったことが考えられますが、修正の場合も同じ。事前にイメージを作り上げることが重要です。このボディデザインカウンセリングによるアドバイスのみも受け付けているので、お気軽にご相談ください。

技術指導の経験を応用

国内ドクターに対する脂肪吸引や脂肪注入豊胸の技術指導を、第三機関から任されているTHE CLINIC。これまで200名以上のドクターが参加し、有意義な意見交換も行ってきました。技術力はもちろんのこと、そうやってアップデートしてきた医療知識も応用して失敗修正にあたります。

PAGE TOP

施術に関すること

処置時間 症状の程度や治療法によって異なります
麻酔 意識を保ったままの低負担な局所麻酔と、眠った状態でリラックスできる静脈麻酔をご用意。
治療法やゲストのニーズに応じて、最適な方法を選択します。
傷跡

【ベイザーリポ】
足の付け根のシワや下着に隠れる部分など、目立たない場所に4mmほどの傷ができますが、時間とともに薄くなります。

【CRF注入】
脂肪を採取する箇所に4mm程度の傷ができますが、目立たなくなります。
注入部位は針孔(針の刺し傷)がつきますが、1か月ほどでなくなります。

【サーミタイト】
極細のカニューレを刺した傷跡がつきますが、時間とともに目立たなくなります。

ダウンタイム

【ベイザーリポ】
筋肉痛に似た痛みが1週間ありますが、内服薬でコントロール可能な範囲です。
腫れや内出血は2週間程度で気にならなくなります。

【CRF注入】
脂肪採取部位はベイザーリポ同様。
注入部位はほとんどありません。

【サーミタイト】
筋肉痛に似た痛みが数日ありますが、内服薬でコントロール可能な範囲です。

※症状の程度には個人差があります。

シャワー

【ベイザー/CRF注入】3日目から可能です。

【サーミタイト】他施術の併用がなければ当日から可能です。

入浴

【ベイザー/CRF注入】抜糸後(1週間後)から可能です。

【サーミタイト】他施術の併用がなければ当日から可能です。

PAGE TOP

脂肪採取部位の失敗修正の症例

Q&A