シリコンバッグ抜去

こんな方にオススメ

  • バストが硬くなったと感じる方
  • 痛みや違和感がある方
  • バストの左右差が気になる方
  • 乳がん検診に行けない方
  • 周囲にバレるのが不安な方

THE CLINIC のシリコンバッグ抜去とは?

THE CLINIC のポリシーは、できる限りバストに傷を付けないというもの。
豊胸シリコンバッグ抜去(除去)においても同様です。ダメージを最小限に抑えられるような工夫と技術をもって、施術にあたっています。

3 つのポイント

事前の詳しいエコー診断

THE CLINIC が導入するのは、大学病院でも採用されている乳腺用エコー「エラストグラフィ」。触診では分からない症状や状態を確認し、傷やダメージが最小限に抑えられるベストな抜去(除去)方法を選択します。

原因も様々

挿入された豊胸シリコンバッグの正確な位置や状態をエコーで確認し、トラブルの原因を分析。見た目では確認できない破損やシリコンの漏出、炎症などが起きているケースも少なくありません。
シリコンバッグ破損
破損により内容物が被膜内に漏れていることが分かる
エコーでは、厚くなった被膜でバッグが変形するカプセル拘縮や、カルシウムの沈着で硬くなる石灰化の詳しい情報も分かります。被膜や石灰化の厚さから、豊胸シリコンバッグの変形の様子まで細かく確認します。
カプセル拘縮
厚くなった被膜によりカプセル拘縮を起こしている状態
豊胸シリコンバッグの圧迫による乳腺への影響を確認します。万が一診療中に、のう胞やしこりを発見した場合、THE CLINICに在籍する乳腺専門医に必ずエコーが像を確認する流れを取っています。
のう胞
乳腺組織内にのう胞(良性)を発見

バストに傷を残さない

豊胸シリコンバッグを抜去(除去)する場合、アンダーバストを切開する方法、乳輪周囲を切開する方法、脇の下を切開して取り出す方法の3つがあります。他院では豊胸シリコンバッグを比較的簡単に取り出せるアンダーバストや乳輪周囲などバストにメスを入れる抜去(除去)方法が主流。しかし、THE CLINIC では、症状の程度にもよりますが、バストに傷を付けない脇の下からの抜去(除去)を基本としています。
また、傷口はできるだけ小さく目立ちにくくするために、脇の下のシワに隠れる箇所を選び、バックの種類に合わせて切開する幅を変えるなどの工夫をしています。

一般的な切開箇所

シリコンバッグが比較的取り出しやすいため、多くのクリニックが選択する切開場所。バストに傷が残ってしまいます。

当院の切開箇所

傷跡が目立たない、脇の下のシワに沿って切開します。

周辺組織を傷つけない

アンダーバストや乳輪を切開する方法は乳腺を傷つけるリスクが高まります。一方、脇の下からの抜去(除去)方法は乳腺を傷つけるリスクが低く、授乳に影響することもありません。
さらにTHE CLINIC では、できるだけ豊胸シリコンバッグ挿入時と同じ傷口とルートを利用して抜去(除去)することで、ダメージを最小限に留めます。
また、内容物のシリコンが残ってしまうと、周辺組織へダメージを与え、二次トラブルを招く場合もあるため、豊胸シリコンバッグが破れないよう細心の注意を払って抜去(除去)を行います。

当院の切開箇所

乳腺を傷つけないだけでなく、出血などのダメージを最小限に抑えます。

PAGE TOP

THE CLINIC が選ばれる理由

数多くのクリニックの中で、多くの方がTHE CLINIC を選ばれるには、5つの理由があります。

トラブル治療の実績

シリコンバッグ豊胸の他院トラブルの治療を多数行っております。そのため、どのような症状にも対応できる経験と技術があります。

カウンセリング

カウンセリングはすべてドクターが担当。お悩みや診療内容を合わせて、傷口やダメージを最小限に抑えたベストな方法をご提案します。

徹底した麻酔管理

麻酔科専門医が在籍する当院では、安全管理を徹底。眠った状態で施術が受けられ、途中で麻酔が切れる心配もありません。

傷跡への配慮

THE CLINIC では基本的にバストにメスを入れることは無く、目立たないような位置や治療方法にこだわっています。

アフターケア

術後のメール相談や診察などを無料でお約束します。
小さな不安も全力でサポート致します。

THE CLINIC がこだわるシリコンバッグ抜去

抜去したバッグの報告

術後、実際に取り出した豊胸シリコンバッグの種類や挿入位置についてお伝えします。希望される方には、取り出したバッグを実際にお見せし、トラブルの原因なども詳しくご説明します。
豊胸シリコンバッグ抜去(除去)してみると、挿入時に医師から説明されたというシリコンバッグの種類やサイズと違っているケースも珍しくありません。

右が破損により変色したシリコンバッグ
右が破損して中身の漏れだしたシリコンバッグ
抜去後の問題にも対応

バッグを取り出すとたるんでしまう

豊胸シリコンバッグの挿入期間が長いほど、周辺組織へ大きく影響します。皮膚が伸びたことによるバストのたるみや、豊胸シリコンバッグが肋骨を圧迫したことによるバストの陥没など、新たな悩みが生じてしまうのです。
このような抜去後の問題もあり、THE CLINICではほとんどのゲストが豊胸シリコンバッグの抜去(除去)後、脂肪注入豊胸を希望されています。その際、数ヶ月経ってから脂肪注入豊胸を行うクリニックも多いようですが、THE CLINICでは豊胸シリコンバッグを抜去と同時に脂肪注入豊胸でボリュームを担保することが可能です。

PAGE TOP

施術に関すること

処置時間 治療法により異なる
麻酔 静脈麻酔を使用します。
眠った状態になるので、手術中に痛みはありません。
傷跡 腕を上げた状態でもほとんど目立たなくなります。
ダウンタイム

症状の程度によりますが、お胸の状態が落ち着くまでのしばらくは痛みがございますので、痛み止めを処方させていただきます。

また創部の抜糸のため、1週間後にご来院いただき、合わせて経過のチェックをさせていただいております。状態により、お薬の処方やトリートメントを受けて頂く事も可能です。

※症状の程度には個人差があります。

シャワー 施術部位を除いて当日から、施術部位も4日目から可能です。
入浴 抜糸後(約1週間後)から可能です。

PAGE TOP

シリコンバッグ抜去の症例

Q&A