ソフトバイオセルバッグ

こんな方にオススメ

  • 2カップ以上大きくしたい方
  • 1回で希望のサイズにしたい方
  • 効果を長期間キープしたい方
  • バッグでも触感を重視される方
  • バッグの耐久性が気になる方

ソフトバイオセルバッグとは?

豊胸インプラント(シリコンバッグプロテーゼ)には様々な種類があります。なかでもソフトバイオセルバッグは、柔らかさを追求したソフトコヒーシブシリコンを、破れにくくジェルが外に漏れにくい構造のバイオセルバッグに充填した豊胸用シリコンバッグです。

3 つのポイント

より柔軟なシリコンジェルを使用

豊胸インプラント(シリコンバッグプロテーゼ)の内容物には、液状シリコン、シリコンジェル、生理食塩水、ハイドロジェル、CMCなどがあげられます。液状シリコンや生理食塩水は破損した際にバストの形が崩れる点、ハイドロジェルやCMCは安全性の問題から衰退。現在は破損しても流れ出ない、コヒーシブシリコンが主流となっています。
そして、より柔らかい触感になるよう改良されたのが、ソフトバイオセルバッグにも使用されているソフトコヒーシブシリコンです。

現在までのバッグの変遷

従来のヒアルロン酸

安全性を重視したバッグ構造

THE CLINIC が採用するのは、アメリカ・ALLERGAN社の製品。FDA(アメリカの政府機関)にも認可されている、安全性に信頼のおける豊胸用シリコンバッグです。
さらにシリコンジェルを包む外装も、評価ポイントのひとつ。耐久性に優れる「バリアコート」を弾力に富んだ層で挟んだ三層構造により、ソフトコヒーシブシリコンの柔らかさを損ねることなく、破損のリスクを最小限に抑える工夫が施されています。

好みの形を選択できる

シリコンバッグ豊胸では、自分の好みのバストフォルムに仕上がるよう、バッグの形を選ぶことが可能です。なかでも、日本人の体型におすすめできるラウンド型とアナトミカル型の2種類をご用意しています。
ラウンド型はお椀の形状をしており、やや大きめのバスト向き。アナトミカル型はティアドロップ型とも呼ばれる雫状で、脂肪が少ないAカップ以下の方のバストアップに適しています。

シリコンバッグの形状

ラウンド型
寝たときは横に広がり、立つと重力で下部にボリュームが移動。ある程度脂肪のあるバスト向き。
アナトミカル型
下部にボリュームがありバッグ自体が自然なフォルム。脂肪が少なくても不自然になりにくい。

PAGE TOP

THE CLINIC が選ばれる理由

ソフトバイオセルバッグを提供するクリニックの中で、多くの方がTHE CLINIC を選ばれるには、3つの理由があります。

専門的なカウンセリング

カウンセリングはすべてドクターが担当。お悩みや診察内容を合わせて、ベストな方法をご提案します。

傷跡への細かい配慮

どんな豊胸術であっても、THE CLINIC ではバストにメスを入れることはありません。また、目立たないような位置や施術方法を徹底しています。

豊富な他院トラブル治療経験

他院のシリコンバッグ豊胸による、様々な問題を最新の医療技術で解決する診療を行っています。

THE CLINIC がこだわるシリコンバッグ豊胸

バストを傷つけずに挿入

豊胸インプラント(シリコンバッグプロテーゼ)の挿入口としては、脇の下、乳輪周囲、アンダーバストがあげられます。
現在では脇の下を選択するクリニックが多いのですが、他院のシリコンバッグ豊胸トラブルのご相談を受けていると、バストに傷跡が残るゲストもいらっしゃいます。
もちろん、THE CLINIC では脇の下を選択。目立たないよう、シワに沿って可能な限り小さい傷に抑えて手術します。

体型やニーズに最適な位置を選択

シリコンバッグ豊胸の仕上がりは、豊胸インプラント(シリコンバッグプロテーゼ)の種類の他、挿入方法でも違ってきます。手術方法は乳腺下法、大胸筋下法、大胸筋膜下法の3種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。ゲストの体型、ニーズを考慮して、お一人おひとりに最適な方法をご提案。より自然な仕上がりに近づけるよう手術することが可能です。

リラックスできる麻酔法

シリコンバッグ豊胸では部分的に感覚を麻痺させる硬膜外麻酔を使用するクリニックが多いのですが、THE CLINIC では静脈麻酔をご用意。一定量の麻酔を継続して導入できる機器も用い、自発呼吸の眠った状態をつくり出すので、リラックスして手術が受けられます。
麻酔を含む安全面は、在籍する麻酔科専門医の指導のもと、各院のレベルを統一。徹底した管理体制をとっています。

PAGE TOP

施術に関すること

処置時間 約1時間
麻酔 意識を保ったままの硬膜外麻酔や眠った状態になる静脈麻酔など、その方に最適な方法を選択します。
傷跡 脇の下のシワに沿って4cmほどの傷ができますが、ほとんど目立たなくなります。
ダウンタイム 筋肉痛に似た痛みが1週間程度、腫れや内出血は2週間ほどで気にならなくなります。
※症状の程度には個人差があります。
シャワー 3日目より可能です。
入浴 バストの状態にもよりますが、抜糸後(1週間後)が目安です。

PAGE TOP

Q&A