お悩み相談集

6年前に脂肪注入で豊胸、授乳卒乳したら胸全体が硬くなってしまいました

※相談当時の内容のまま掲載しておりますので、サービスや料金については
現在のものと異なる場合があります。詳しくはお問合せください。

お客様の相談

両胸の豊胸後6年で脂肪壊死からの石灰化に悩んでいます。
25歳の時に他院で大腿部、臀部、膝から脂肪吸引し、さらに自己血液からリンパ液??を抽出したものと、脂肪定着因子の物質を豊胸し3カップ大きくなりました。
しかし、3年くらい経過したころから胸にしこりみたいなものを感じ違和感がありましたが、特に受診することもなくほっていました。
豊胸後5目の去年、出産し授乳を1年間しっかりし(おっぱいは乳腺が発達していたみたいですごく沢山でました)今年に入り卒乳をし、乳房が豊胸前と同じくらい小さくサイズダウンしてしまいました。
そのときに、両胸のしこりが乳房全体になっていて岩みたいに硬くつかめなくなっていました。
このような、カチカチに石灰化したものを今後も放っておいたら、癌化したりまたは身体への悪影響はありますか。

ドクターの回答

脂肪注入豊胸は技術の進歩により、定着率が上がり、しこりや脂肪壊死などの合併症の低下を実現していますが、血漿成分や脂肪定着因子などを混ぜた脂肪を注入したり、正しい技術(注入量や注入方法など)で施術しないと、やはりしこりのリスクは上がってしまいます。しこりは乳癌の発生と関係ないため安心して頂いて大丈夫ですが、そのままにしておくのも精神的に宜しくないかと思います。ほとんどのケースでしこりは除去できることが多いので、よろしければ一度エコー検査にいらしてください。実際の状態を診させていただきベストの提案をさせていただきます。

PAGE TOP

PAGE TOP

PAGE TOP