学会発表

カプセル拘縮を起こしたバッグの正しい抜去方法

36回再生

2013年9月10日、THE CLINIC東京院でドクターセミナーが開催されました。セミナーでは、コンデンスリッチ豊胸の技術講習も行いますが、知識や情報を共有するためにディスカッションの時間も設けています。

今回は、カプセル拘縮を起こしているバッグを抜去する場合、カプセル(被膜)は取らなくて良いのか?という質問があがりました。
被膜は自己組織ですので、摘出しようとすると出血量も多く、大変な手術になります。また、講師を務めるTHE CLINICの大橋院長も、完全に取ることはできないと言います。
そのためTHE CLINICでは、被膜を取らず、また抜去と同時にコンデンスリッチファット(CRF)を注入することで、被膜を押しつぶし、触感に影響を与えないようにしています。

興味のある方は、お気軽にご相談ください。