学会発表

コンデンスリッチ豊胸後の理想的な皮膚の張り

113回再生

コンデンスリッチ豊胸セミナーの様子。

2014年3月19日、THE CLINIC東京院でコンデンスリッチ豊胸のハンズオンセミナーが開催されました。
講師である大橋院長が実際の手術を通して、正しい技術をレクチャーします。

良質な脂肪を活用するコンデンスリッチ豊胸は確かにしこりのリスクが少ない施術ですが、注入量の度を過ぎるとリスクは高まります。そのため、皮膚のテンション(張り具合)を見極める必要があります。
セミナーでは、実際に注入し終えたバストの理想的なテンションを参加ドクターに知ってもらうことで、安全な施術を普及できると考えています。

コンデンスリッチ豊胸に興味のある方は、お気軽にご相談ください。