学会発表

脂肪の注入箇所にかかる圧力について【コンデンスリッチ豊胸】

19回再生

コンデンスリッチ豊胸のハンズオンセミナーの様子。

2014年6月24日、THE CLINIC東京院でコンデンスリッチ豊胸のドクター向け技術セミナーが開催されました。
コンデンスリッチ豊胸を含む脂肪注入箇所にかかる圧力について、講師の大橋院長がレクチャーし、失敗予防を呼びかけました。
脂肪を過剰に注入してしまうと脂肪細胞に圧力がかかって細胞の呼吸を妨げ、定着率の悪化やしこりの原因になってしまいます。そういったトラブルを避けるためにも重要な、適切な量の脂肪の注入について詳しく解説しています。

コンデンスリッチ豊胸に興味のある方は、お気軽にご相談ください。