学会発表

脂肪をコンデンスする際の遠心分離のG(重力)について

51回再生

2015年2月5日、国内ドクターを対象とした
第11回ベイザー&CRFセミナーハンズオンセミナーが、
THE CLINIC東京院で開催されました。

コンデンスする際の遠心分離の際のG(重力)と時間について、
動画でご説明しています。

幹細胞が死なずに、最大限に不純物を除去できる
G(重力)と、適した時間(長さ)の遠心分離が、
コンデンスリッチファットには、とても重要です。

ご興味のある方は、コンデンスリッチ豊胸の
ドクターカウンセリング(無料)にお越し下さい。